ひふみワールド ファンドマネージャー湯浅光裕よりメッセージ

足を運ぶ意味

レオス・キャピタルワークスを創業した2003年から、世界中の株式に投資が出来るような商品を作りたいという思いがありました。資産づくりの一環として株式に投資する際に、あれこれ手を出さずレオスの商品を選んでください、と自信を持って言えるような商品です。主に日本株に投資するひふみ投信に加え、世界株に投資するひふみワールドができて、この想いを達成することができるのかなと感じています。わたしたちは、ひふみワールドを日本を代表する世界株投信 に育てたい。「世界株なら、ひふみワールド」と言っていただけるようになりたいと思っています。

世界には様々なユニークな企業が存在します。たとえば以前取材した米国の自動車工具販売チェーンのお話をしますと、その企業はトレーラーに工具を積んで自動車修理工場を訪れ、工場で働くエンジニアに工具を売っています。米国の自動車工場で働くエンジニアは、自前の工具で作業します。 おのおのこだわりがあり、お気に入りの工具で仕事するのです。会社から支給される工具を使う日本のワーカーとは異なりますね。この工具販売会社はブランド力があり、ここのロゴの入った工具を持つのがワーカーのステータス になっています。

工具会社の社員に案内されて、工具を並べたトレーラーの中に入ってみてビックリです。ホームセンターに行けば数万円で売っているような工具ケースに百万円くらいの値札が付いている。所せましと並んだ工具はどれもけっこうな値段です。すごい利益率ですよ。とにかくブランド力が強くて、米国の修理工場の従業員は、いつかはここの工具を持ちたいとお金を貯めているのです。

修理工場にトレーラーで工具を売りに行き、工具の改良点をヒアリングしたり、作業と工具の相性もアドバイスも行います。また、欲しい工具の在庫がなければ、次に来るときにその工具を積んで来ます。工具は高価だからローンで販売もしていて、そのローンの申し込みを受け付けるのもトレーラーの運転手。ワーカーはその場でローンの申し込みをして、工具を買えるわけです。ユーザーが心地よく購入できるサービスも提供していることが、ブランドにつながっている。

こういう事実って、現地に足を運ばないと分からない。

わたしたちは自ら足を運び、現場を見て、社内の空気を感じ、経営者に耳を傾けます。先ほどの工具のように一見地味に見える企業でも、現地で話を聞くことで見えてくることがたくさんあります。労を惜しまず現場に足を運ぶことで、情報の量が増え質が高まります。人と会うことで、その人のエネルギーや考え方を感じ取ることができます。それが結果的にパフォーマンスにつながると考えています。これはひふみ投信の運用と変わらない、レオスの「足で稼ぐ」強みです。

そして、ナマの情報を元に、世界中の素晴しい技術やサービス、経営者、そして企業をお客様にお伝えすることができます。セミナーや動画配信、レポートなど文字情報、様々な形で情報を発信します。自分のお金がどのような企業に投資されているのか知ることで、投資の楽しさを味わっていただけたらと思います。お金の面でのリターンだけでなく、「知ることの楽しさ」といったリターンもご提供いたします。

日本で販売されている海外株投信は、海外の投資ファンドに投資するファンドオブファンズ形式のものが多くを占めます。ひふみワールドは、メンバー自ら足を運んで取材するという点で独自性の高い投信であると言えるでしょう。ひふみワールドに投資いただいたお客様には、是非わたしたちがお話しするセミナーなどに足を運んでいただいたり、動画をご覧いただきたいです。

ひふみ投信とひふみワールドの相乗効果

ひふみ投信のマザーファンドは2017年から海外株を組み入れ、すでに800億円を超える海外株を運用しています。日本企業との比較の視点を持つことが、海外株を調査するうえで有効であることを実感しています。たとえば、日本の自動車メーカーの工場を見てきたアナリストが、海外の新興自動車メーカーの工場を見学し、生産技術がどこまで成熟しているのか見極め、投資の可否を判断したことがありました。今後は日本企業の海外の顧客や仕入れ先企業を取材することにもなるため、ひふみ投信とひふみワールドの相乗効果が生まれると思っています。

世界には日本にない様々な企業があります。米欧にはIT業界のプラットフォーム企業や伝統あるブランド企業、東南アジアには人口増加の恩恵を受ける企業。どの企業も魅力があるだけでなく、様々な国、通貨、発展段階にあり、こうした様々な企業に投資することはリスクの分散にもつながります。成長株を中心に組入れますが、成長性だけに捉われず柔軟な運用を行ってまいります。

「世界にあふれるビックリ!をみつけにいこう」

「世界にあふれるビックリ!をみつけにいこう」というのが、ひふみワールドのキャッチコピーです。

世の中の役に立つ会社に投資し、お客様の資産が増えていくということは、何にも代えがたい喜びです。一緒に世界を旅する仲間になっていただきたいと思っています。


2019年9月

取締役 「ひふみワールド」ファンドマネージャー 湯浅光裕