資産形成応援団

ひふみ投信は、資産形成応援団という仕組みで、お客様の長期にわたる資産形成を応援します。

資産形成応援団とは?

資産形成応援団とは、5年以上保有いただいているひふみ投信について、信託報酬の一部を当社がお客様に還元することにより、信託報酬を実質的に割り引く仕組みです。

5年、10年の継続保有でお得

具体的には、5年以上継続して保有されている受益権(*)口数に対して、当該口数に係る資産残高の年率0.2%を応援金として還元いたします。
10年以上継続して保有されているお客様にはさらに、受益権口数に係る資産残高の年率0.4%を還元いたします。

受益権とは「ひふみ投信」をご購入いただいたお客様が「ひふみ投信」の利益を受けることができる権利です。

どのように還元されるの?

所定の信託報酬をいったん受け取らせていただきますが、年に2回(4月・10月)、長期保有受益権をお持ちのお客様の口座に当社の自己資金から所定の応援金(還元金)を入金し、新たに「ひふみ投信」を買付ける資金に充当いたします(原則として、現金のまま、お渡しすることはありません。)。
お客様の保有受益権口数は、自動的に増加することになります。

イメージ図

たとえば、時価100万円分を5年以上保有した場合、1年間で2000円が還元され、新たに2000円分の「ひふみ投信」の買付が行われます。(=年率0.2%の応援金の還元)

この計算は、ひふみ投信の値段が全く変動しなかったと仮定した場合のものです。

5年以上持ち続けている分だけ還元されるよ。買い足した分も、その後5年経過すると還元されるから、どんどんお得になっていくね。
口座開設はこちらから

日本初の仕組み:信託報酬一部還元方式

資産形成応援団は、お客様の長期投資を応援するために弊社が設けた制度で、「信託報酬一部還元方式」という日本で初めての仕組みです。
詳細な内容を知りたい方は、下記または最新の請求目論見書よりご確認ください。用語解説はこちらから

資産形成応援団の詳細

1.応援の条件等

買付けから5年以上継続的に保有されている受益権口数に対して、当該口数に係る資産残高(信託報酬を算出するのと同じ資産残高をいいます。以下同じ。)の年率0.2%、および10年以上継続的に保有されている口数に対して、当該口数に係る資産残高の年率0.4%(以下、前者を含めて「応援率(一部還元率)」といいます。)に相当する応援金によって、次の計算式に基づく買付けを行ないます。

2.応援の実務

・権利確定日 買付受渡日(複数の買付けがある場合には、それぞれの買付受渡日)の5年後の応答日および10年後の応答日(以下「権利確定日」といいます。)とします。

・応援金の計算 権利確定日以降、日々次の算式による計算を行ないます。
1日当り応援金(小数点第6位切捨て)
= 前日の権利口数 × 前日の1万口当り基準価額 ÷ 10,000 × 応援率(一部還元率) ÷ 365日(うるうは366日)

日々計算された応援金は、次項にしたがい、お客様の口座に入金され受益権の買付けに充当されます。

・応援金による買付け時期 毎年4月5日および10月5日(ともに休業日の場合には翌営業日)から数えて5営業日後の基準価額を用いて応援金による買付を行い、翌営業日に保有口数が増加します。

3.応援口数の取扱いについて

新規にお買付けいただいた場合と同様のお取扱いとさせていただきます。すなわち、「資産形成応援団(信託報酬一部還元方式)」の適用は、5年経過後となります。

4.一部解約時の対応

複数回にわたり「ひふみ投信」をご購入いただいているお客様(受益者)が、一部解約をされる場合には、買付約定日が直近の受益権からの解約となります(後入先出法)

5.全部解約時の対応

長期保有受益権をお持ちのお客様が全部解約をされる場合には、例外的に、解約申込日前日までの応援金を、解約代金とともにお支払いいたします。

6.応援金に係る税金等

応援金は雑所得となり、課税の対象となります。お客様それぞれのご事情に応じて、ご処理いただく必要がありますので、ご注意ください。

用語解説

用語解説
長期保有受益権 5年以上保有していただいている受益権をいいます。
権利確定日 買付受渡日(複数の買付けがある場合には、それぞれの買付受渡日)の5年後の応答日および10年後の応答日をいいます。5年以上保有していただいている受益権をいいます。
権利口数 「資産形成応援団(信託報酬一部還元方式)」の適用を受けられる受益権口数をいいます。
応援率(一部還元率) 5年以上保有の場合の年率0.2%、および10年以上保有の場合の年率0.4%のことをいいます。
応援金 権利口数に係る資産残高に応援率を乗じて算出される金額をいいます。
応援口数 応援金により買付けた受益権口数をいいます。

お困りの際は

口座開設はこちらから