ひふみ投信情報

ひふみ投信の運用状況をご確認いただけます。

1.低コストでお客様の資産形成を応援

ひふみ投信は、「買付時」と「解約時」の手数料は無料。保有中にかかる信託報酬も日本で販売している日本株アクティブファンドの中では低水準となっています。

買付時
買付手数料
無料

投資信託をご購入いただく際に販売会社(銀行や販売会社など。ひふみ投信の場合にはレオス・キャピタルワークス)に支払う手数料です。

保有時
信託報酬
年 1.0584%
(税抜 年0.980%)

信託報酬は投資信託を購入してから売却するまでの間、毎日かかるコストです。

解約時
信託財産留保額/解約手数料
無料

投資信託によっては、解約対応に係る費用を解約されるお客様の負担とする制度が採用されており、この負担金を信託財産留保額といいます。

信託報酬は日々公表される基準価額を算出する際に、信託財産から日割りで計算した信託報酬を差し引いているため、別途お支払いいただく必要はございません。その他上記コスト以外に発生するコストについては投資信託説明書(交付目論見書)でご確認ください。

2.日本初!長期にわたる資産形成を応援する仕組み

5年以上保有されているひふみ投信の受益権について、信託報酬の一部を還元することにより信託報酬を実質的に割引く資産形成応援団という日本初の仕組みでお客様の資産形成を長期にわたって応援します。

たとえば時価100万円分のひふみ投信を購入した場合 購入例

この計算はひふみ投信の値段が全く変動しなかったと仮定した場合のものです

3.どんな会社に投資しているのかなど、私たちが直接お伝えします。

運用レポート、セミナー、動画配信など、直接お伝えする機会を設けています。

毎月2回の運用レポート
投資先に訪問するお客様限定セミナー
毎月の運用報告を動画配信
お申込みはこちらから
ひふみ投信のファンドをご購入いただくには口座開設が必要です。

「ひふみ投信」に係るリスクについて

「ひふみ投信」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。
一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。
外貨建資産を組み入れた場合、為替レートの変動の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。
投資国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみ投信」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。
したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。
詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

お客様の負担となる費用について

◇お客様に直接ご負担いただく費用:ありません

  • 申込手数料・換金(解約)手数料・信託財産留保額は一切ありません。
  • なお、「振込購入」に際しての送金手数料はお客様負担となります。

◇お客様に間接的にご負担いただく費用:次のとおりです

信託報酬
信託財産の純資産総額に対して年1.0584%(税抜年0.980%)
監査費用
信託財産の純資産総額に対して年0.0054%(税抜年0.005%)上限は年54万円になります。
その他の費用
組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(それにかかる消費税)
先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用
租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息など

「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり事前に料率、上限額等を表示することができません。