• お問い合わせ(平日9時〜17時)
  • phone icon 03-6266-0123
今すぐ口座開設 今すぐ口座開設
今すぐ口座開設
dot
パフォーマンス

PERFORMANCE

ひふみ投信は2008年9月の設定から3倍以上の運用実績を持つ投資信託!
graph
123
graph
※ひふみ投信設定前営業日の2008年9月30日の基準価額を100として指数化し2019年4月末まで表示 ※ベンチマークを設けておりませんが、TOPIX(配当込み)を参考のため表示しております
対外的にも評価され、数々の賞を受賞しました!
  • トムソン・ロイター・リッパー・ファンド・アワード・ジャパン 2年連続受賞
  • R&I ファンド大賞 5年連続受賞
  • 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016 特別賞受賞
お客様DATA
  • 口座開設者数
    77,117
  • 口座開設者平均年齢
    46.1
  • つみたて比率
    51.78%
  • 毎月の平均つみたて額
    32,471
※2019年3月時点
dot
ひふみの特徴

CHARACTERISTICS

  • company buildings

    主に日本の成長企業に投資します

    お客様からお預かりした資産を、主に日本の成長企業に投資することでお客様の長期的な資産形成を応援するとともに、日本の未来に貢献します。

  • sprout

    守りながらふやす運用に挑戦します

    基準価額の上下動に伴うお客様のハラハラ、ドキドキ感をできるだけ軽減し、かつ着実なリターンを目指した「守りながらふやす」運用に挑戦します。

  • seminar

    顔が見える運用

    セミナーや動画配信などを通じてお客様とのコミュニケーションをはかり大切なお金を安心して任せていただける存在を目指します。

  • 1,000円から始められるうえ、買付・解約手数料は無料※です。

    cash

    小額からお気軽に資産形成を始めることができます。買付・解約時にかかる手数料は無料です。

    ※振込購入に際しての送金手数料はお客様負担となります。 ※保有時に信託報酬年率1.0584%(税込)が発生します。
  • 長期で保有いただくほど実質コストがお安くなります。

    clover

    5年以上ひふみ投信をお持ちいただいたお客様には信託報酬を0.2%還元、10年以上お持ちいただいたお客様には信託報酬を0.4%還元する「資産形成応援団」を日本で初めてご用意。お客様の長期投資をサポートします。

  • お得で安心。
    NISA・つみたてNISA対象商品。

    coins

    ひふみ投信は、NISA・つみたてNISA対象の投資信託です。
    NISA・つみたてNISAの節税メリットを活かしながら、コツコツとつみたて投資ができます。

dot
ひふみの投信の始めかた

HOW TO START

ご用意していただくもの

  • 通帳など銀行口座番号がわかるもの

    passbook
  • マイナンバー確認書類

    mynumber
  • 運転免許証などの本人確認書類

    identification

口座の開設方法

  • 1
    口座開設フォームへのご入力
  • 2
    マイナンバー確認書類と本人確認書類のアップロード
  • 3
    口座開設通知書(簡易書留)のお受取り
123
dot
よくあるご質問

FAQ

  • 最低投資額はいくらですか?

    arrow

    ひふみ投信は、1,000円から始められます。

  • 購入時や解約時に手数料はかかりませんか?

    arrow

    購入時・解約時には手数料がかかりません。いつでもお買い求めいただけ、いつでもご換金いただけます。

  • ひふみ投信とひふみプラスの違いは何ですか?

    arrow

    ひふみ投信は、当社(レオス・キャピタルワークス)が運用し、かつ直接販売している投資信託であるのに対して、ひふみプラスは、当社が運用し、銀行や証券会社などの販売会社を通じてご購入いただける投資信託です。いずれもひふみ投信マザーファンドを通じて株式等に投資しており、投資方針、組入銘柄は同じです。

  • ひふみ投信をまだ買ったことがないのですが、セミナーには参加できますか?

    arrow

    「はじめてのひふみ」というセミナーを定期的に開催しています。ひふみを買ったことがない方はもちろん、投資初心者の方も大歓迎です。最新のセミナー情報は こちらをご覧ください。

  • 投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2016

    2016年10月31日までに設定された投資信託(ETF含む)で、海外籍ETFについては、日本の証券会社を通じて買付可能なものを対象としています。

  • 2016年度グッドデザイン賞

    グッドデザイン賞では有形無形を問わず、様々な物事を応募対象として受付し、2016年5月末から6月初旬までにウェブサイトを通じて応募する対象が審査対象となります。

  • リッパー・ファンド・アワードについて

    世界各都市で開催されているこの賞は、運用成績や運用効率などの定量評価によって表彰されている賞で、ひふみプラスは株式型グローバルのカテゴリで最優秀賞を受賞。評価対象ファンドの期間3年107本、期間5年86 本の中から選出されました。評価対象ファンドは、日本において販売されている投資信託のうち、2017年末時点で36カ月以上の運用実績、ならびに2018年4月1日以降に償還を迎えるファンドとします。
    トムソン・ロイター リッパー・ファンド・アワードの評価の基となるトムソン・ロイター リッパー・リーダーズのファンドに関する情報は、投資信託の売買を推奨するものではありません。トムソン・ロイター リッパー・リーダーズが分析しているのは過去のファンドのパフォーマンスであり、過去のパフォーマンスは将来の結果を保証するものではないことにご留意ください。評価結果は、リッパーが信頼できると判断した出所からのデータおよび情報に基づいていますが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。

  • R&Iファンド大賞について

    「R&Iファンド大賞」は、R&IまたはQUICKが信頼し得ると判断した過去のデータに基づく参考情報(ただし、その正確性及び完全性につきR&IまたはQUICKが保証するものではありません)の提供を目的としており、特定商品の購入、売却、保有を推奨、又は将来のパフォーマンスを保証するものではありません。当大賞は、信用格付業ではなく、金融商品取引業等に関する内閣府令第299条第1項第28号に規定されるその他業務(信用格付業以外の業務であり、かつ、関連業務以外の業務)です。当該業務に関しては、信用格付行為に不当な影響を及ぼさないための措置が法令上要請されています。当大賞に関する著作権等の知的財産権その他一切の権利はR&IまたはQUICKに帰属しており、無断複製・転載等を禁じます。「投資信託/総合部門」の各カテゴリーは、受賞運用会社の該当ファンドの平均的な運用実績を評価したもので、受賞運用会社の全ての個別ファンドについて運用実績が優れていることを示すものではありません。
    <R&Iファンド大賞2019>「NISA部門」では2017、2018、2019年それぞれの3月末時点における1年間の運用実績データを用いた定量評価がいずれも上位75%に入 っているファンドに関して、2019 年3 月末における3 年間の定量評価によるランキングに基づいて表彰している。「投資信託10年部門」では、2014、2019年それぞれの3月末における5年間の運用実績データを用いた定量評価および2019年3月末時点における3年間の運用実績データを用いた定量評価がいずれも上位75%に入っているファンドに関して、2019年3月末における10年間の定量評価によるランキングに基づいて表彰している。定量評価は、「NISA部門」、「投資信託10年部門」ではシャープ・レシオを採用している。表彰対象は償還予定日まで1年以上の期間を有し、「NISA部門」、「投資信託10年部門」では残高が30億円以上かつカテゴリー内で上位50%以上の条件を満たすファンドとしている。「投資信託10年部門」は確定拠出年金専用ファンド、SMA・ラップ口座専用ファンドを除く国内籍公募追加型 株式投信、「NISA 部門」はR&I独自の「NISAスクリーニング」基準を満たした国内籍公募追加型株式投信を対象にしており、いずれも基本的にR&Iによる分類をベースとしている。

  • 「ひふみ投信」に係るリスクについて

    「ひふみ投信」は、国内外の株式を組み入れるため、株価変動の影響を大きく受けます。

    一般に株式の価格は、個々の企業の活動や業績、国内および国外の経済・政治情勢などの影響を受け変動するため、株式の価格が下落した場合には基準価額は下落し、投資元本を割り込むことがあります(株価変動リスク)。

    外貨建資産を組み入れた場合、為替レートの変動の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。投資国・地域の政治・経済情勢や株式を発行している企業の業績、市場の需給等、さまざまな要因を反映して、「ひふみ投信」の基準価額が大きく変動するリスクがあります(為替変動リスクとカントリーリスク)。

    したがって、お客様(受益者)の投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。この他には、流動性リスクや信用リスク等があります。

    詳しくは、投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご覧ください。

  • お客様の負担となる費用について

    ◇お客様に直接ご負担いただく費用 : ありません

    申込手数料 ・ 換金(解約)手数料 ・ 信託財産留保額は一切ありません。

    なお、「振込購入」に際しての送金手数料はお客様負担となります。

    ◇お客様に間接的にご負担いただく費用 : 次のとおりです

    信託報酬 信託財産の純資産総額に対して年率1.0584%(税抜年率0.980%)

    監査費用 信託財産の純資産総額に対して年率0.0054%(税抜年率0.005%)を乗じて得た額。上限を 年間86.4万円(税抜年間80万円)とします。

    その他の費用 組入有価証券の売買の際に発生する売買委託手数料(それにかかる消費税)

    先物取引・オプション取引等に要する費用、外貨建資産の保管等に要する費用・租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息など

    ※ 「その他の費用」については、運用状況等により変動するものであり事前に料率、上限額等を表示することができません。

  • ※ご覧いただいていたウェブサイトは当社が作成したものではございません。また、掲載されている感想や評価はあくまで作成者自身のものであり、当社のものではございません。