「ひふみプラス(つみたてNISA専用)」販売会社追加のお知らせ

ニュースリリース

わたしたちが運用する投資信託「ひふみプラス」をご販売いただく会社に野村證券株式会社三菱UFJ信託銀行株式会社広島信用金庫が加わります。つみたてNISA専用商品としてお取り扱いを開始いただくため、2018年1月以降の販売開始となります。

『ひふみプラス』はわたしたちが直接販売のみで提供する『ひふみ投信』と同じ『ひふみ投信マザーファンド』に投資を行ない運用しています。

2012年5月28日に設定、現在は株式会社SBI証券をはじめとしたネット証券などの証券会社23社、株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(株式会社福岡銀行、株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行)など銀行29行※、おかやま信用金庫(つみたてNISA専用)※にてご販売いただいており、今回の追加で56社目の取扱いとなります。※つみたてNISA専用の販売会社については2018年1月より取扱い開始

「ひふみ投信」同様ローコストかつ安定した運用で、多くのお客様にご支持をいただいております。当社では、引き続き運用成績の向上と質の高いサービスでお客様の資産形成を長期にわたって応援できるよう、取引機会の拡大に努めてまいります。変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

野村證券株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社での取り扱い開始について

『「ひふみプラス」は、これまで主にネット証券や地方銀行を販売パートナーとしてまいりましたが、2018年1月より開始する「つみたてNISA」専用商品として株式会社三菱東京UFJ銀行に加え、野村證券株式会社、三菱UFJ信託銀行株式会社と大手金融機関でもお取り扱いいただくことになりました。 

「つみたてNISA」制度に関しては運用会社の中でも様々な意見がありますが、わたしたちは、長期的な資産形成を応援する仕組みである「つみたてNISA」制度の普及は、若い世代を中心に日本中に投資文化が浸透し、投資を通じた日本の発展に繋がると信じています。しかし、この制度が普及していくためには、わたしたちの販売パートナー(『ひふみプラス』の販売会社)だけでなく大手金融機関が本気になることが重要です。

わたしたちは大手金融機関での『ひふみプラス』の取り扱い開始にあたり、投資信託を販売いただくこと以上に、大手金融機関と一緒になって「つみたてNISA」制度を日本中に根付かせること尽力してまいります。

一方で、大手金融機関は販売力が強いけれども、大規模な解約が出てしまうのではないかという懸念もあります。しかし、つみたてNISA制度の趣旨からして、大規模な解約が起きにくく、既存のひふみのお客様に迷惑をかけることは少ないと考えています。

引き続き全力で運用を行い、みなさまの資産形成のお役に立てるようサポートして参りますので今後ともひふみをよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 最高投資責任者

藤野英人