インターステラ社とスポンサー契約を締結しました

ニュースリリース

このたび、インターステラテクノロジズ株式会社(本社:北海道広尾郡大樹町 代表取締役社長:稲川貴大)が打上げ実験を実施する予定の観測ロケット「MOMO」2号機のスポンサー契約を締結いたしましたのでお知らせ致します。


スポンサー契約内容は以下のとおりです。

① ロケット機体への独占広告の掲載

MOMO 2号機の機体にレオス・キャピタルワークスが運用する投資信託「ひふみ(ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金)」のイメージキャラクター「ひふみろ」をデザインします。



② クラウドファンディングへのひふみろグッズの追加

12月3日より実施するクラウドファンディング「今度こそ宇宙へ! MOMO 2号機をみんなで飛ばそう」のリターンに、「ひふみろ」をモチーフとしたグッズをラインナップします。

今度こそ宇宙へ! MOMO 2号機をみんなで飛ばそう

https://camp-fire.jp/projects/view/54332



③ 本社工場見学ツアーの実施

MOMO 2号機の機体完成後に本社工場見学ツアーを実施します。内容の詳細は後日発表いたします。



レオス・キャピタルワークス代表取締役社長 藤野英人より

このたび、インターステラ社の観測ロケット「MOMO」2号機の打ち上げを支援させて頂くことが決まり、今からワクワクしています。

偶然にも、わたしたちが運用する投資信託(ひふみ投信・ひふみプラス・ひふみ年金)のイメージキャラクターが、未来の夢や目標に向けてコツコツ頑張るみなさまをサポートする「ひふみロケット」略して「ひふみろ」というロケットということもあり、インターステラ社さんが宇宙空間にロケットを打ち上げるためにコツコツと取り組んでいらっしゃる姿に親近感を感じています。

わたしは必ず「MOMO」2号機は宇宙に到達すると確信しています。

しかしながら、1号機はもう少しであったように、今回も失敗する可能性も孕んでいます。とはいえ、新しいことに挑戦する人々を応援することがわたしたちのミッションでもあります。

 宇宙事業は北海道十勝地方の未来産業です。十勝は空が高く、大地が広がり、伸びやかな人達が暮らすわたしも大好きな土地の一つです。十勝のみなさまと共に宇宙事業を盛り上げていきたいと考えています。

 今回の支援の資金はひふみ投信等のファンドからは1円も拠出しておらず、わたしたちレオス・キャピタルワークスの自己資金で行います。「MOMO」2号機とともに、みなさまの夢や希望、日々生まれてくるモヤモヤでも何でも構いません。一緒に宇宙に想いを飛ばしてみませんか?みなさまと共に「MOMO」2号機の打ち上げを応援できることを楽しみにしています。


プレスリリースはこちらです