「ひふみプラス(つみたてNISA専用)」販売会社追加のお知らせ

ニュースリリース

当社が運用する投資信託「ひふみプラス」をご販売頂く会社に三菱東京UFJ銀行が加わります。

つみたてNISA専用商品としてお取り扱いいただくため、2018年1月以降の販売開始となります。

『ひふみプラス』は当社が直接販売のみで提供する『ひふみ投信』と同じ『ひふみ投信マザーファンド』に投資を行ない運用しています。2012年5月28日に設定、現在は株式会社SBI証券をはじめとしたネット証券などの証券会社23社、ふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行、熊本銀行、親和銀行)など銀行28行、おかやま信用金庫(つみたてNISA専用)※にてご販売いただいており、今回の追加で53社目の取扱いとなります。※2018年1月以降に販売開始予定

「ひふみ投信」同様ローコストかつ安定した運用で、多くのお客様にご支持をいただいております。

当社では、引き続き運用成績の向上と質の高いサービスでお客様の資産形成を長期にわたって応援できるよう、取引機会の拡大に努めてまいります。変わらぬご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

 

三菱東京UFJ銀行での取り扱い開始について

わたしたちが運用を行なうひふみは、わたしたち自身で販売する直販スタイルの『ひふみ投信』、ネット証券や地方銀行などの販売会社を通じて販売する『ひふみプラス』、確定拠出年金制度を通じて販売する『ひふみ年金』の3つがあります。

『ひふみプラス』は今まで大手銀行や大手証券会社を通じて販売を行ってまいりませんでした。

それは大手銀行や大手証券会社は販売力は強いけれども、解約力も強く、大規模な解約が出ると、同じ『ひふみ投信マザーファンド』で運用を行っている『ひふみ投信』、『ひふみ年金』のお客様に迷惑がかかるからという理由でした。

一方で、金融庁は2014年にNISA(小額投資非課税)制度をスタートさせるなど国民の安定的な資産形成を促進するため「貯蓄から資産形成へ」の流れを加速させており、その一環として2018年1月からつみたてNISA制度がスタートします。

これは年間40万円を上限として、定期的かつ継続的な方法(つみたて購入)による買付けを行った場合に最長20年間、利益や分配金に対する約20%の税金が非課税となる画期的な制度です。

つみたてNISA制度に関しては運用会社の中でも様々な意見がありますが、わたしたちは長期投資を支援する仕組みとしてこの制度を積極的に推進していこうと考えております。しかし、つみたてNISA制度が普及していくためには大手金融機関が本気になることがとても重要です。また若い世代に浸透するための工夫も必要です。そこでわたしたちは、三菱東京UFJ銀行様と一緒につみたてNISA制度を普及させることで、長い目で日本国民の資産形成を応援して行くことを決断いたしました。

つみたてNISA制度の趣旨からして、一括で大規模な資金流入は見込めませんが、一方で大規模な解約が起きにくく、既存のひふみのお客様に迷惑をかけることが少ないと考えています。

引き続き全力で運用を行い、みなさまの資産形成のお役に立てるようサポートして参りますので今後ともひふみをよろしくお願いいたします。



代表取締役社長 最高投資責任者 
藤野英人