特定口座年間取引報告書の見方を教えてください。

「特定口座年間取引報告書」の見方についてお知らせいたします。


【特定口座年間取引報告書 1枚目】

年間取引報告書サンプル(1枚目)

A

前年にお客様が「ひふみ投信」を特定口座で換金(解約)した場合、その内容が表示されます。譲渡年月日は受渡日(お客様の預金口座に送金した日)です。

B

ご売却のあった年に当社から分配金が支払われた場合、特定口座への受け入れありの方はこちらに交付状況が表記されます。なお、設定来よりこれまでひふみ投信の分配金につきましては、ゼロ円とさせていただきましたため、こちらは表記されません。

年間取引報告書サンプル(2枚目)

1
源泉徴収の選択
特定口座の源泉徴収区分を表示しています。

・有 ・・・原則確定申告が不要
・無 ・・・お客様自身で確定申告が必要

2

譲渡に係る年間損益計算及び源泉徴収税額等
①で源泉徴収「有」の場合、こちらに源泉徴収された税額が示されます。
⑤の差引金額に対し、20.315%(復興特別所得税15.315%・住民税5%)を源泉徴収しております(利益が出た場合のみ記載されます)。
源泉徴収「無」の場合、当社で源泉徴収を行なっていないため、この欄は0円と表示されます。

3

譲渡の対価の額(収入金額)
換金(解約)によるレオス・キャピタルワークスからお客様への受渡金額の合計です。
課税前の金額になります。

4

所得費及び譲渡に要した費用の額等
③に対する、お客様のひふみ投信の買付代金に相当します。

5

差引金額(譲渡所得等の金額)
③から④を差し引いた金額が表示されます。
こちらが、税金の計算を行なう上でのお客様の損益額です。

6

当社から分配金が支払われた場合、こちらに金額、源泉徴収税額等が表示されます。
なお、設定来よりこれまでひふみ投信の分配金につきましては、ゼロ円とさせていただきましたため、こちらは表記されません。


Q:年間取引報告書はいつ発送されますか?

毎年1月に、前の年に特定口座内でひふみ投信のご売却があったお客様へ発送しています。
発送の時期につきましては、ニュースリリースにて順次お知らせします。

Q:年間取引報告書が届かないのはなぜですか?

年間取引報告書の郵送対象者のお客様のみに送付されます。
例えば、平成31年(2019年)の年間取引報告書の郵送対象者は、平成30年(2018年)に特定口座内でひふみ投信のご売却があるお客様となります。(受渡日ベース)

Q:年間取引報告書を再送してもらうことはできますか?

年間取引報告書はご売却のあった年の12月31日時点のお客様のご登録住所にお送りいたします。

ご転居などでお手元に届かない場合は、恐れ入りますがコミュニケーション・センターまでご連絡ください。

レオス・キャピタルワークス株式会社

コミュニケーション・センター

電話:03-6266-0123 (平日9時-17時)

メール:cc@rheos.jp



2018年12月末時点での制度内容に基づいて作成しております。今後の税制改正等により変更になる可能性があります。

カテゴリから探す

全般

「ひふみ投信」に関するご質問

その他

お問い合わせ

よくあるご質問で解決できなかった場合は、お問い合わせページよりお問い合わせください。