役員紹介

役員紹介

取締役

代表取締役社長
藤野 英人Fujino Hideto

野村投資顧問(現:野村アセットマネジメント)、ジャーディンフレミング(現:JPモルガン・アセット・マネジメント)、ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントを経て2003年レオス・キャピタルワークス創業。CIO(最高投資責任者)に就任。2009年取締役就任後、2015年10月より現職。
中小型・成長株の運用経験が長く、ファンドマネージャーとして豊富なキャリアを持つ。東証アカデミーフェロー。


取締役
湯浅 光裕Yuasa Mitsuhiro

ロスチャイルド・アセット・マネジメント、ガートモア・アセットマネジメントを経て、2003年レオス・キャピタルワークス創業。取締役就任。新興企業・成長企業への調査・投資経験、ロング・ショート戦略に代表されるヘッジファンド運用経験が長い。国内外の資産運用業界についての理解も深い。


取締役
岩田 次郎Iwata Jiro

東芝にて、数々のソリューションプロダクト開発、システムプロジェクトリーダーとして活躍。
2004年1月アイアンドエーエス取締役就任後、国内金融商品取引事業者に対するシステムコンサルテーションを展開。外為オンライン取締役外国為替事業部長として創業に貢献。ITを駆使した先端金融理論により業界屈指の企業へと導く。
“ITを利用した要素解析、統計分析に基づく実践主義”が持論。ISホールディングス外国為替統括部長、経営企画室長を経て、2009年レオス・キャピタルワークス代表取締役社長就任。2015年10月より現職。


取締役
白水 美樹Shiramizu Miki

第一證券(現:三菱UFJモルガン・スタンレー証券)にて株式トレーダー、ソニー生命保険を経て、DLJdirectSFG証券(現:楽天証券)の創業より勤務。カスタマーサービス部長、経営企画部とサービスから企画・管理まで、長年インターネット証券業務に携わった後、2008年レオス・キャピタルワークス入社。2009年取締役就任。


取締役
藤本 隆Fujimoto Takashi

1971年日本開発銀行入行。地方開発営業部部長、国際業務部部長を経て、2001年セコム損害保険株式会社常務取締役、2007年苫小牧港開発株式会社代表取締役社長、2012年株式会社中野サンプラザ代表取締役社長などを歴任。2016年6月より現職。


取締役
松本 守祥Matsumoto Moriyoshi

1982年ジャパンライン株式会社(現 株式会社商船三井)入社。1989年日本アジア投資株式会社入社後、取締役を経て、2007年JAIC AMERICA,INC. PRESIDENT&CEO、2009年日本アジア投資株式会社代表取締役、2012年日本アジア投資株式会社取締役会長などを歴任。2013年WMパートナーズ株式会社代表取締役就任(現任)。2016年6月より現職。

監査役

常勤監査役
加賀谷 達之助Kagaya Tatsunosuke

1972年昭和監査法人(現 新日本有限責任監査法人)入所、1976年公認会計士登録、1994年太田昭和監査法人(現 新日本有限責任監査法人)代表社員、2009年株式会社三栄コーポレーション社外監査役、2010年株式会社大林組社外監査役、2016年6月より現職。


監査役
安田 和弘Yasuda Kazuhiro

1998年弁護士登録(第一東京弁護士会)、2000年金融庁検査部(現 検査局)に勤務、2001年堀総合法律事務所 (現任)、2008年株式会社ISホールディングス監査役、2010年公益財団法人渋沢栄一記念財団監事(現任)、2015年9月より現職。


監査役
和田 耕児Wada Koji

1991年青山監査法人プライスウオーターハウス、1994年公認会計士登録、1995年プライスウオーターハウス ロンドン事務所、1997年太田昭和監査法人、アーンスト&ヤング、1999年ゴールドマンサックス証券会社戦略投資部、2003年(株)プロ・スタッフ・ソリューションズ 代表取締役(現任)、2015年9月より現職。

顧問

rhs-photo

顧問
前川 守Maekawa Mamoru

1982年、旧経済企画庁(現内閣府)に入る。内閣官房長官秘書官、内閣府の人事課長、政策統括官(経済財政運営担当)、経済社会総合研究所所長等を経て、2018年7月内閣府審議官で退職。経済財政諮問会議には、その設置から携わる。経済統計、日銀金融政策決定会合、地域振興政策、少子化対策、男女共同参画政策、防災政策等にも経験が長い。2019年6月から現職。