投資信託の販売会社における比較可能な共通KPIの公表について

金融庁が2018年6月に公表した「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」にあわせて、金融事業者を客観的に評価できるようにするための成果指標(以下「KPI」)を公表いたします。

お客様の資産形成のパートナーとしてひふみ投信を選んでいただくにあたり、長期的にリスクや手数料等に見合ったリターンがどの程度生じているのかを「見える化」するための比較可能な共通KPIとして以下の3つの指標を公表いたします。

①    運用損益別顧客比率

②    投資信託 預り残高上位銘柄(ひふみ投信)のコスト・リターン

③    投資信託 預り残高上位銘柄(ひふみ投信)のリスク・リターン

① 運用損益別顧客比率(投資信託)

2018年3月末時点の投資信託残高に対するトータルリターンでは、91%のお客様が運用損益でプラスとなっています。

 

※ 2018年3月末時点の投信残高に対するトータルリターンで算出

※投資信託のトータルリターン通知制度に基づくトータルリターンを基準日時点の評価金額で除して算出した各損益率の分布

※ 法人顧客および基準日時点までに全部売却は対象外

※ 当該銘柄の購入当初まで遡及

※対象のお客様全体を100%として、それぞれの運用損益に該当する顧客数比率をグラフ化

② 投資信託の預り資産残高上位銘柄のコスト・リターン/③リスク・リターン

お客さまにご購入いただいた投資信託の残高について、コストやリスクに対するリターンを表示しています。なお、当社の販売する投資信託は、ひふみ投信のみとなります。

※小数点未満四捨五入
※対象銘柄は販売会社の預り残高上位20銘柄(設定後5年以上)となりますが、当社が直接販売する投資信託はひふみ投信のみの表示となります