HOME > RheosNow

RheosNow

第二回ひふみの社会科見学(牛丼対決)レポート

皆様、お元気ですか。毎日異様な暑さが続くなか、相場も夏枯れ(意味:毎年この時期は決算も一巡して、株を売り買いする材料が見つからず、売買代金が伸びないこと)です。

そんな時期に、レオス・キャピタルワークスは面白いイベントを行いました。
題して、「第2回ひふみ社会科見学 牛丼対決 〜アタマと胃袋を鍛えよう〜」です!




内容は極めてシンプル。
東京駅周辺の吉野家さん、すき家さん、松屋さんの各店舗で実際に牛丼を食べ比べ、弊社のファンドマネージャー、アナリストとともに、財務分析や株価分析を行うというものです。
当日は、週末にも関わらず多くの方にご参加いただきました、中には女性の姿も!

和気あいあいとした雰囲気の中で、3グループに分かれ店舗調査がスタート しました。



1店舗目に松屋さんに入りました。
参加者の皆様もまだまだ元気そう。女性のお客様の中には初めて牛丼チェーンに入るという方もいらっしゃいました。各店舗では、味、接客、従業員の数や店の雰囲気など多くのことを食事中に話しながらアタマをフル回転させ、牛丼を胃袋へかき込みます。まさに、アタマと胃袋を鍛える企画です。



ただ、2店舗目になると変化が、、、、、
お客様、お腹が苦しくなってきました。次第に口数も減ってきます。「ハァ〜」えっ!?ため息もチラホラ。。。



そして、3店舗目のすき家さんにいくと弊社のファンドマネージャーの藤野がカメラマンとして待ち構えていました。
藤野は今回カメラマンとして参加していましたが、皆様と同じく牛丼3杯き ちんと食べていました。もちろんすき家さんの牛丼を3杯です。笑




苦しい!?思いをしつつ、何とか3杯目の牛丼をクリア。
弊社に戻り、グループごとにどの店舗が良かったかを議論します。性別によって意見がわかれたり、味の薄い・濃いで意見が分かれたりと正に十人十色の意見があり非常に興味深かったです。味だけでなく、店舗オペレーションへのコメントがあるなど、参加者の皆様は現役のトップ・アナリストのようでした。



総括として、弊社でアナリストをつとめる八尾(ヤツオ)より業界の動向や牛丼各社の業績や財務の説明があり、胃袋の後は、一段とアタマを鍛える時間を設けました。
八尾のプレゼン終了後も参加者の皆様から沢山の質問を頂戴するなど、お客様と運用者がそれぞれ親睦を深めました。



「牛丼チェーン」は日本中どこにでもある業態です。ただ、詳しく調べると業界の実情や企業の仕組みなど色々みえてくると思います。今回の企画を通して、ご自身の日々の生活が「企業活動」や「経済」、「株式市場」に繋がっていることを感じて頂けると嬉しいなと思います。

至らないところは沢山あったと思いますが、一生懸命お客様におもてなししました。これからも金融業界の枠組みに囚われない「レオスらしい」イベントを行っていきたいと思います。○○を企画して欲しいなどアイデアがありましたら、リクエストをいただければ幸いです。

暑い夏はまだ始まったばかりです、夏の暑さになんかに負けずレオスは今日も走り続けます!!


大介
Aug.12,2013



レオスのコミュニケーション twitter(@rheos123)とFacebook
日々の基準価額や、セミナー情報などもいち早く配信しています。アカウントをお持ちの方はぜひフォロー、いいね!を押していただけると嬉しいです。「レオス・キャピタルワークス」で検索できます。

当社はISグループの一員です。[カーシェアリングならアース・カー]